×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

「花」と「花言葉 」を知る              オーストリアからのメール          オーストリアは太陽が一杯   

Google

オーストリア人の好きな食べ物

 

本日、2005年3月27日(日)、西洋世界では復活祭、ドイツ語 Ostern です。朝、起床後、子供たちは家の中、Ostereier 復活祭のゆで卵、色が塗られた卵を探し回って、一人で3個、4個と見出しては大事そうに自分だけの宝物のように確保しています。

オーストリア、当地では午前中、曇っていましたが、昼食を挟んで、午後からは太陽が出て来て、明るく世界を照らしてくれています。静かです。春はもう来ています。小鳥たちも喜んでいるようです。 骸骨のように枝だけになったような木々にも新芽が出て来る気配が観察されます。

昼食、我が家ではスープの後には、日本で言うトンカツのようなものを食べました。復活祭の日に因んで、そうした料理が出てきたのかどうなのかは知りません。

「これって、Wienerschnitzel ヴィーナーシュニツェルと言うんだろう?」

「違うわよ」

「良く似ている」

「ヴィーナーシュニツェルには普通、子牛の肉を使うのよ。でも高いから、家庭ではブタ肉を使って作ることが多いわね」

「それは知っているよ」

「我が家の肉は子牛の肉でもなし、豚肉でもなし、プーテンよ」

「プーテン?」

「そう、プーテンの方が健康的だしね」

「プーテンという肉は柔らかいねえ」

プーテンって何の肉だろう。食後、こっそりと辞書で調べてみたら Puten 七面鳥(雌)であった。

 

我々家族全員は本日の昼食には、ウィーナーシュニツェルに似せたようなプーテンシュニツェルを食べました。ご飯つきです。大きな皿の上には食べられる量だけ乗せ、その横、開いたスペースにプーテンシュニツェルを乗せる。ナイフとフォークを使って、シュニツェルを小片に切りながら、フォークで突っついて口に運んで行く。シュニツェルには日本製のキッコーマン醤油が欠かせない。この醤油があればどんな料理でも美味しく食べられるかのようだ。

 

                 *            *

オーストリア人の大好物は何だと思いますか? 

「オーストリア人が料理店に行って一番好んで食べるものはシュニツェルである 」という結果が出たそうです。「薄いカツレツ」と手元の辞書には出ていますね。Kreutzer Fischer & Partner社の市場分析によるとオーストリア人は一年間に温かい料理を4,200,000,000皿分(こんなに0が幾つも並んでいると、何皿分なのか分かり難いですね、”42億”皿分)、費消する。因みにオーストリアの人口は8,000,000(8百万)人前後です。

温かい料理をたべるとは普通、昼食のことでしょう。42億皿のうち、ほぼその3分の一に当たる1,300,000,000(13億)の料理が昨年、2004年、料理店では食されている。一番頻繁に注文さているものは、別に驚くには足らないのだが、シュニツェルが注文されている。すなわち、73,000,000(73百万)回、注文があった。

1998年と比較すると昨年は600,000(60万)回分さらに シュニツェル     (das Schnitzel)が注文された。

第一位のシュニツェルの敬意を表して、第二位には1998年と同様に、昨年はグーラッシュ(das Gulasch)であった。注文数は44,300,000 (44.3百万)回あったが、2,000,000(2百万)回減って結果的に42,300,000(42.3百万)回になった。

一方、ランクを回復したのはパスタ(die Pasta)であった。1998年と比較すると、第4位から第3位に浮上した。38,400,000回、オーストリア人は料理店で注文した。

第4位(1998年は第5位であった)は挽肉料理(das Faschierte)、1998年と比較するとほぼ100万回多く注文があった。

ランクを失ったのはハッキリとしている。豚の焼肉(der Schweinsbraten)であった。5,800,000(5.8百万)回分のマイナス注文で2ランクも失い、第3位から第5位に転落。

第6位はプーテンシュニツェル(das Putenschnitzel)であった。1998年と比較して6200000回、多くの注文があった。結果的には第8位から第6位に浮上。

第7位には、 肉の串焼き(der Fleischspies)。そして、第8位に鶏の焼肉(der Grillhuhn)、第9位にはピッツァ(die Pizza)、第10位には牛肉料理(der gekochter Rindfleisch)であった。

Kreutzer Fischer & Partner社の調査のために2400名が代表として選抜された人々の食習慣について2週間に渡って分析された、とのこと。

 

*             *

さて、ここでもう一度まとめてみましょう。

第1位  シュニツェル

第2位  グーラッシュ

第3位  パスタ

第3位  挽肉料理

第5位  豚の焼肉

第6位  プーテンシュニツェル

第7位  肉の串焼き

第8位  鶏の焼肉

第9位  ピッツァ  

第10位 牛肉料理

 

*             *

昨日の昼食、我が家ではオーストリア人が好んで食べる料理、第6位にランクされたものを食したのでした。オーストリア人はでも、多分、ご飯と一緒には食べないでしょう。

 

本日、2005年3月28日(月)、西洋世界では復活祭の翌日、、ドイツ語で Ostermontag 祝日です。午前、昼、午後とずっと曇っていました。

明日からはまた、一般の人たちは仕事が始まります。

Marchtrenk 28.März 2005

「花」と「花言葉 」を知る   オーストリアからのメール   オーストリアは太陽が一杯   

 [毎回、ドイツ語新聞記事 を読む、楽しむ]  [ オーストリア人百人一周] どちらさまもどいつごもどうぞ